読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサの文卓

ノンジャンルで1記事1テーマについて、私の考えや感じたことを綴っていければと思います。

メール

こんばんは。アサです。

 

もういつの間にか5月ですね。

 

最近、メールをちゃんと伝わる文章で打とうと心掛けるようになった。

急いでる時は仕方ないかもだけど、

受け取る相手が読みやすい文章を書けるようにしたい。

 

なぜそんなことを思ったかというと、

 

変換せずに平仮名ばかりで打ってくる友人。

誤字脱字が多すぎて何が何だか分からないことになってる友人。

主語がなくて何を伝えたいのか分からないことになっている友人がいるからだ。

 

伝えたい気持ちは痛いほど伝わってくるのだけけど、

しっかりまとめてからメールしてくれないと、

結局何が何だかわからないことになってしまうのは残念である。

 

本当に平仮名ばかりで句読点なくて、

さらに誤字脱字大量(変換ミス含む)とあれば、読みづらくて仕方がない。

 

…読みづらいのは100歩譲っていいとしても、

読みづらいと言いたいことが全く頭に入ってこないんですよね。

頭に入ってこないと、次その話題をされても全くついていけないという。

 

語彙力がなくても人に伝えることはできると思う。

例えばこの文章(LINE風)、

 

「今仕事終わりました。今日はとてもつかれま

した。でも今から映画をみに逝くのでたのしみ

です!」

 

LINEだと、勝手に次の行にいったりしますよね?

句読点も改行もされてないと、

受け取った側は一目見ただけじゃ何が書いてあるか分かりません。

さらに平仮名は多いし、変換ミスしてるし…

でも、言いたいことはとてもシンプルなんです。

ただ、色々ツッコミどころ満載だから読むのが疲れるんです。

 

平仮名ばかりではなく、正しく変換し、

句読点をつけ、改行して読みやすく。

これだけでも全然読みやすくなると思います。

ほら、こんな感じに!

 

「今、仕事終わりました。

今日はとても疲れました。

でも、今から映画を観に行くので

楽しみです!」

 

句読点を付けるだけで、

改行をするだけで、

正しく変換をするだけで、

メールを一目見ただけで言いたいことが伝わる!

 

友達だから伝わるだろうと適当に送るのではなく、

ちゃんと受け取る側のことを考えてほしい。

 

これは私の場合ですが、

こういう伝わりづらいメールをもらうと、

その人の印象が悪くなってしまうんです。

 …そう思ってしまうのも、精神的に余裕がないからなのかなって思いますが。

でも、自分の気持ちが丁寧に相手に伝わると、

相手に良い印象を持ってもらえるので、

良いコミュニケーションが築けますよね!

 

でも私も、たまにLINEで顔文字を使うと、

 

「今からそちらに向かいまーす(ノ

v`*)」

 

って顔文字が変に改行されちゃって、

あぁぁ、ごめんなさいぃ〜ってなります(笑)

 

メールって便利なコミュニケーションツールだけど、

読む相手のことを考えて使うべきだと思う。

相手がいつ読むか分からないのだから、

それなりに考えて文章打たないといけないと思う。

 

でも、こう色々書いてても、

相手にメール読みづらいよって言わないと伝わらないんですよね。

わざわざ言うのもあれだし、結局は自分の中で溜めてしまう。

相手に気づいてほしいけど…

 

だから私は、読みづらいメールは送らないように心掛けている。

文章打った後には必ず読み返してから送信する。

ただの自己満かもしれないけど、

相手に「読みづらい」って思ってほしくないから。

 

アサ