読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサの文卓

ノンジャンルで1記事1テーマについて、私の考えや感じたことを綴っていければと思います。

運命

こんばんは。アサです。

 

今、かなり頭がぼーっとしています。

と言うのも、今日、先日面接した会社の結果が届いたからです。

 

…はい。

"届いた"ということは、お解りですね?

 

…そうです。

「不採用」通知が届いたということです。

 

この会社、私が文章を書くことが好きだと再認識してから、本気で受けて入りたいと思った会社でした。

 

広告代理店だけど、自社媒体を持っている。

6:4の割合で、編集アシスタント:営業事務の仕事内容でした。

 

面接では向こうから聞きたいことを質問されるって感じでした。

正直、その時から私のこと採用しますオーラが感じられました。

面接後も、早いうちに連絡しますねと言われましたから。

なのに不採用…。

私は納得できなくて、電話で不採用の理由を聞きました。

 

理由は、私より即戦力の人が現れた。からだそうです。

 

あぁ、それは会社としては即戦力を採用するよね…。

 

でも、面接時点ではほぼ私を採用する気満々だったとも言われました。

やっぱりタイミングなんですね。

運命が少しズレていたようですね…。

 

不採用通知には、不採用の文字の他に、

「今後、エディターやライターのお仕事を個人的に頼みたいかもしれませんので、その際はお電話させていただきます」といった内容も書かれていました。

 

不採用通知を見た瞬間は、

そんな優しいこと言われても、不採用なんでしょ⁉︎

と思ってしまいましたが、電話で理由を聞いた時、

 

普通は不採用の一言で通知を送る。こんな言葉を添えたのはあなたが初めてです。それ位、何かを感じた。履歴書のコピーも取らせてもらってる。とのことでした。

 

普通、履歴書と職務経歴書を見て、数十分の面接をした子にそんなこと思ってくれる人、なかなかいないですよね。

素直に嬉しいと思いました。

この会社を受けたのも、落ちたのも、何かの運命だったのでしょうか?

 

フリーにならないの?とか電話で言われましたが、私自身、そんなにスキルやセンスがあるとは思っていませんし、出版社にすら勤めていなかったのでそんなツテもありません。

小規模の広告代理店で、少し癖の強いお客様と原稿のやり取りをしていただけなので。

なのにそんなことを言われたのには正直ビックリでした。

 

私のどの部分をそれだけ高く評価していただいたのか…。

こんなに中身も外見もコンプレックスだらけの私を。

 

今回は運命の道ではなかったですが、ここで知り合えたのも何かの縁なんでしょうね。

そう思える日がいつの日かくるといいなぁ。

その為にも、私は諦めたらいけないですね。

今日、半日泣いて下向いてましたが、疲れるだけでした。

泣くのにも体力いるんだなぁって久しぶりに感じました。

 

明日から切り替えてまた頑張りましょうかね!

きっとふとした瞬間悲しくなるかもだけど、

文章の上だけでも明るくいたいので、そう書いておきます。笑

 

アサ