読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサの文卓

ノンジャンルで1記事1テーマについて、私の考えや感じたことを綴っていければと思います。

電車

こんばんは。アサです。

 

今日は朝からお出かけ。

最寄り駅まで歩きで15分。

最近、駅の駐輪場を解約したので、良い運動だと思って歩いています。

 

天気は曇りでどんよりとした空気。

昨日の雨のせいで湿気も多い。

だが、花粉に悩まされないのは実に嬉しい。

 

そして電車に乗り、目的地まで向かう。

特にすることもないので、窓の外を見ていると、

桜の木がたくさん目の前に飛び込んできた。

 

あぁ、春だなぁ。

綺麗なピンク色だなぁ。

 

テレビニュースで開花したとは知っていたものの、

ここ1週間、家から出ても近場だったりで、

特に見に行く機会もなかったので、

今日はこの桜を見れただけでも有意義な1日だと思った。

来年は余裕がある生活を送っていたら、花見でも行きたいなぁ~

なんて考えたりしていた。

 

ふと、目の前に並んで座っている、

おばあちゃんと男の子(たぶんお孫さんかな)が目に入った。

次の瞬間、男の子から目が離せなくなった。

 

恐らく小学生くらいのその男の子。

端正な顔立ちで、目はぱっちり二重で、鼻筋が通っていて、

そして無邪気でかつ可愛い笑顔。

この子は絶対将来イケメン男子となるであろう!笑

 

男の子はおばあちゃんとしりとりをしているようで、

なんとも微笑ましい光景だ。

もうずっと見ていたい。

そのしりとりに加えてほしいとさえ思った。

でもそこは、見ているだけにしておいた(笑)

 

通勤で電車を利用していた頃は、

携帯画面ばかり見ていて、車内、ましてや窓の外を見ることはなかった。

それだけ、毎日の仕事環境に嫌気をさしていたし、飽き飽きしていた。

 

でも立ち止まって周りを見てみると、

自分が今まで見えてなかったものは沢山あるんだなと思った。

 

実を言うと会社を辞めてしまったことを後悔していた時期もあった。

転職活動してもパっといかず、自分は何がしたいのか、

わからなくなって、下を向いて、自分は一人なんだ・・・と。

 

そんな時、周りの人たちから、

「焦らなくていいよ」「自分のペースで」「タイミングがあるんだよ」

などと、温かい声を掛けていただいた。

本当に嬉しかったし、そうなんだと思いたい自分がそこにはいた。

 

だが、不採用通知をもらうたびに、また下を向いてしまい、

そう簡単に都合よく思うのは難しいなぁって。

 

でも下を向く度に思うのが、

下を向いていても何も始まらない。ということです。

下を見ても自分の足元しか見えない。そりゃあ、楽しくもない。

前を向いて、上を見上げる余裕をもって生活していると、

明るい気持ちになれるし、何かしら発見もある。

そのことに最近気づかされた。

 

そんなことを考えていると、

最寄り駅に着いたという車内アナウンスが。

ふと上を見ると、そこには、

星野源 待望の最新エッセイ『いのちの車窓から』」

の中吊り広告が!

 

ほら、いい発見があった♪

私は明るい気分で電車を後にした。

 

アサ

 

 

会社

こんばんは。アサです。

 

今、携帯からこの文章を打っています。

私としてはパソコンで文章打ちたいんだけど、

なんか向き合ってしまうと、余計に書かなきゃって思ってしまって…。

あと自宅のパソコンの場所が「その場所」でしか出来ないので、

リラックスして文章を打てないんですよね〜。

 

私の理想としては、家の中どこでもできるようにしたいし、

カフェとかに持ち歩いて打ちたいけど…

いつかお金が貯まったらそんな自分専用のパソコンを持ちたいです(笑)

 

さて、4月から新年度を迎え、今週から新社会人って人も多いですね!

ニュースとかで見てても、初々しくて、

私もあんな時代があったなぁってしみじみ。

 

社会人になったばかりの頃は、その働き方が正解だと思ってた。

今だから言えるけど、最初に勤めてた会社は、

残業がかなり多い会社でした。

忙しい時期は過労死する80時間をゆうに超えていました。

でもブラックだったので、44時間30分分しか残業代を申請できませんでした。

 

その当時、残業は仕方ないと思ってたし、

それが普通なんだと思っていました。

本当に知らないって怖いですよね。

 

当時のことを友達に話すと、

「○○ちゃんは人がいいから、都合のいいように使われてきたねんな。」

と言われました。

私はただ、お客様の為だと思って、必死にやっていましたからね。

 

…怖い怖い。

会社に洗脳されかけてたとこでしたね。笑

 

そんな会社に私は3年間勤めました。

理由は残業が多いからもありますが、別の理由なんですけどね。

にしても、私はよく80時間以上の残業をしても過労死しなかったなと。

 

過労死しなかったのは、たぶん趣味があったから。

好きって気持ちは本当にすごいですよ!

こんな過酷な労働環境だけど、どうしても遠征したい!

だから午後から半休を取って東京に行ってLIVE参戦。

終電で帰宅、もしくは夜行バスで帰宅し、

次の日普通に出勤する力があるんですから。

 

またある時は金曜に午後休を取り、

その足で関空に向かい韓国へ。

土日を韓国で過ごし、月曜は午前休にし、

早朝便で日本に帰国して、その足で会社へ…。

 

たぶん若かったからできたことだけど、

本当に、好きって気持ちを侮ってはいけません(笑)

 

だから会社が趣味を認めてくれるのは素晴らしいことだと思います。

その趣味の為に辛い仕事だって頑張れちゃうのですから!

 

私は自分にとって会社に求めるものは待遇よりも、環境なのかなって最近思います。

どんなに待遇が良くても、許せない環境だと頑張れないし、一緒に働きたいと思えない。

 

でも環境って、入社してみないと分からないから難しいですよね。

面接の時点で気付ける人がたまにいるけど、

それは本当にすごいと思う。

 

自分にとっての1番いい働き方は何なのか?
ストレスなく、のびのび楽しく働きたい。
それは誰もが思うけど、現実問題難しい。

そんな働きやすいホワイトな会社、

きっとこの世の中にそう多くはないんだろうなぁ。

中小企業なんかほぼブラックだという人もいるし。

みんな、どこか我慢して、家族のため、自分のために働く。

何が大事で、何を妥協できるか。

そこはキチンと考えて、自分の人生無駄にしないようにしたい。

 

…というのも、私自身、2度目の転職活動中なので(笑)

私だって転職したくなんかない。

できることならずっと同じ会社で働いていたい。

それができる会社なら!!泣

 

まだまだ頑張らなければいけないですね〜。

でも焦って変な会社に入らないように気をつけたい(笑)

焦らず、下向かず、前向いて頑張ります。

 

 

…やっぱりタイトルと内容がブレるなぁ。

ちゃんと筋通して書きたいけど、難しいですね。

 

アサ

努力

こんばんは!アサです!

 

今日の朝起きて携帯でヤフーニュースを見ると「小池徹平」のトレンドが!

私は小池徹平の大ファン(ファン歴11年目)なので、何事!?と飛び起きました。

 

調べてみると【第42回菊田一夫演劇賞】の演劇賞を受賞した。

とのニュースでした。

 

はぁぁぁ~~~っ、ビックリした~~っ!!

 

恋愛系のニュースだったらどうしよう・・・

徹平くんも31歳、結婚してもいい頃なので、

内心気が気じゃありません。

果たして私はその時を迎えたら心から祝福できるんだろうか・・・

う~ん、なんとも言えないですね。笑

 

今回の【第42回菊田一夫演劇賞】の演劇賞の受賞は、

1789~バスティーユの恋人たち~」のロナン、
「キンキーブーツ」のチャーリー・プライスの役の演技に対してのもの。

 

WaTを解散してからというもの、ミュージカルの世界に飛び込んだ徹平くんは、

ミュージカルが決まる度に大きな役を射止めている。

私は出演が決まる度に、本当に凄いなと思いつつも、

その現実を簡単に受け入れすぎている。

 

これは、小池徹平という人間が、努力して勝ち取った役だというのに。

 

中には昔仕事でお世話になった方から、直々の出演依頼もあったけど、

出演を依頼されている時点で、努力が認められているということ。

 

デビューして15年。

ドラマ「天体観測」で俳優デビュー。

WaTとして歌手デビュー。

その後もドラマ・映画で主演。

小池徹平としてソロデビュー。

舞台、そしてミュージカルへ。

 

こう活動経歴を見ていると、デビューしてから確実に階段を上っているようにも見える。

でも、その裏側には人前には決して見せない努力がある。

 

ドラマや映画で共演したキャストやスタッフから、芝居に対する真面目な姿勢や気配り上手な人柄について高く評価されることが多いことから、日々芝居に対して努力しているんだなと思った。

 

ミュージカルで認められるのは、コツコツと頑張ってきた努力の賜物。

ドラマや映画、カメラの前でお芝居するのとまた違うだろうし、

発声の方法だってきっと違うだろう。

でも、徹平くんは何事もなかったように舞台の上でやってのける。

そして『目の前のお客さんから直接反応が返ってくるのが面白い』と、

ミュージカルを楽しんでまでいる。

 

私もデスノート、1789、キンキーブーツと観に行ったけど、

作品を重ねるごとにお芝居も歌も上手くなっているし、本当に驚かされるほど。

しかも、役にかなりはまっている為、ミュージカルファンからも高評価を得ている。

 

「努力」

 

言葉で言うのは簡単だけど、それは日々の積み重ねで、

意志がなければ続けることができないことだと思う。

 

私は「努力」という言葉が好きだし、

努力している人が好きである。

人前に見せなくても、それが分かると、より応援したい気持ちになる。

 

じゃあ、私は努力したことあるかな?

そう考えたとき、意識して努力したことなかったかもしれないと思った。

でもたぶん、気づいてないだけで努力はしている。

学校での勉強、高校受験、就職活動、仕事・・・

 

でも本気で努力しよう!って思ったからでなく、

目の前に難関があるから突破しようと頑張っただけであり、

それを努力と言っていいのだろうか?

 

【努力】どりょく

[名](スル)ある目的のために力を尽くして励むこと。

「―が実る」「たゆまず―する」「―家」

 

意味的には努力はしていることになっているけど、

やっぱり私はまだ本気で努力したことがないと思う。

 

だから、今こうやって気付けたから、

次は本気で努力したって言えるように、努力したいと思う、今日この頃。

 

まずはこのblogの文章を上手く書くことを努力してみよう。

本当はちゃんとオチをつけたいんだけど、

どうにもこうにも私の語彙力の無さと話しを広げる技術が無いせいで、

ダラダラとした文章になってしまっている。

 

そのためにはまず、色んな人の話を聞き、世界を知ることなのかなと思う。

知らないってだけで人生損してるんだろうなぁ

 

アサ

文章

こんばんは!アサです!

 

私は今、ものすごく「星野源」について書きたい。

 

源さんのこんなところを知って凄いと思った。好きになった。

と、評論家のごとく書いてみたい。

 

でも、書こうとすると、

上手く書かなきゃとか、何て言ってたかな?とか、

どうしても正確に書かなきゃという思いで、

さっきから書いては消してを繰り返している。

 

そもそも文章を書こうと思ったきっかけは、

源さんの「いのちの車窓から」を読んだのがきっかけです。

もちろん前回記事で書いたことも文章を書く理由ではあります。

 

“メールを書くのがすごく下手だった。

だったら仕事にすればいい。”

 

そんな発想ができる源さんはすごいなと思った。

私だったら、諦めてしまうと思う。

 

源さんみたいに、私の見ている世界を、

できるだけありのままに文章に書いて、

相手に伝わる言葉で、私の想いを伝えたい。

 

そう思って、このblogを開設しようと思いました。

 

そのためには、なるべく自分の言葉で書きたいし、

スラスラと喋っているように文章を書きたい。

 

最初は探りながら文章を書いて、

それを重ねていくうちに自分の文章の形を見つけていけたらなと思う。

そして、文字数もどんどん増やしていけたらいいなぁ。

 

とりあえず、最後にこれだけは言いたい。

 

星野源は、多才で、魅力ある、とても素敵な人だ。』

 

アサ

 

 

はじめまして。

こんにちは!アサです!

 

今までも何度かblogを開設したことがありますが、

それは感想だったり、日記だったりで・・・

あまり長くは続きませんでした。

 

でも、自分の考えていることや感じたことを、

どこかに残しておきたい。

そしてもし一人でも共感してもらえる人がいるなら嬉しいな、

そんな想いでまたblogを1からスタートすることにしました。

 

blogタイトル「アサの文卓(ぶんたく)」ですが、

食卓にならんでいる、ご飯、おかず、スープ、デザートだったり・・・

ジャンルにこだわらず色々なテーマについて文章を書いていきたいな。

そんな思いからタイトルをつけました。

 

と言っても、私自身、文章を書くのが苦手です。

この書き方で合っているのか?文章力もないし、正解がわからないからです。

でも昔から読書は好きだし、人のblogを読むのも好き。

そうしているうちに、自分も文章を書いてみたいと思い、

恐縮ながら、今回blogを開設し、文章を書いてみることにしました。

 

今回は自己紹介をしてみますね。

 

私は関西在住の26歳、女性です。

来月で27歳になります。

なんか、全然実感がわかないですね。

 

というのも、自分がまさか26歳まで生きると想像していなかったからです。

 

あっ、別に自殺しようとか考えていたわけではないです。

(でも、死にたいって考えたことは何度もあるな)

ただ、昔から未来について想像ができなかったんです。

目の前のことを淡々とこなして生きていたかんじです。

 

未来が想像できなかった原因は自分の歪んだ性格のせいもあるのですが、

それ以上に、自分の世界が狭かったからだと思います。

人一倍、憧れや興味はあるくせに、それを行動に移せない、

私はそんな人間です。

 

でも最近、自分と向き合う時間が多いせいか、自分に飽きてきました。

自分の過去はどうしたって変わらないし、現状、すぐ変えることも難しい。

だったらもう、今の自分を認めるしかないし、

認めた上で、変えていきたいと思いました。

 

そのためにも色んな人の話を聞きたいし、世界を見てみたい。

20代後半にもなって遅いくらいかもしれませんが、

そんなことを考える、今日この頃なのです。

 

これから、宜しくお願いします!!

 

アサ