読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサの文卓

ノンジャンルで1記事1テーマについて、私の考えや感じたことを綴っていければと思います。

自分らしく

こんばんは。アサです。

 

相変わらずの日々を過ごしています。

色々悩み事はあるけど、GWの後半は遊ばせていただきました。

 

最近、考えすぎで自分が自分らしくいられてなくて、

何をしても心から楽しんだりできずにいました。

 

でも、先日のGWに韓国バンドFTISLANDのライブに行きました。

 

正直、ライブ前は心から楽しめるのか不安でした。

実際、ライブの何時間か前までは気持ち的にも落ちてたし、

こんな気持ちでライブに行くのが正解なのかと思っていました。

 

がっ!!

ライブが終わった後、心から楽しめていた自分がそこにはいました。

やっぱりFTISLANDのライブは楽しい!!

ライブっていいな♪って改めて実感させられました。

 

FTISLANDは韓国デビューが今年で10周年(日本デビューが7周年)。

高校生でデビューしたから、年齢的にはまだ若い!のにキャリアは十分。

ですが、彼らもトントン拍子でここまで来たわけでは決してありません。

 

あれは3年前の「FTISLAND ARENA TOUR 2014 The Passion」ツアー。

当初、このPassionツアー公演は4都市7公演のアリーナツアーでした。

ですが、チケット申し込みも終わり、あとはツアー開始を待つだけとなったとき、

突然、2都市3公演の中止が発表されました。

理由はコンサート開催における諸般の事情とありましたが、

恐らくはチケットの売れ行きが悪く、中止せざる得ない状況だった思われます。

確かに、私がファンになった2012年のツアーから見ていっても、

会場の空席具合が年々気になってはいました。

 

FTISLANDはロックバンドとしてデビューしましたが、

韓国ではK-POPダンスグループが多く、ロックバンドはマイナーで、

当時はアイドルバンドとして売り出されていました。

当然、自分たちがやりたい音楽ではない大衆受けするような音楽・・・。

 

そんな彼らもキャリアを積むとともに、自分たちの音楽がしたいと思うようになり、

日本でも2013年辺りから、少しずつ自作曲でやりだすように。

するとやはりついていけないファンが増えていき、離れていき・・・

 小さい会場(Zeppやホールクラス)は埋まるけど、アリーナは埋まらない。

 

中止公演が出たPassionツアーのオーラスの前日、

メンバーたちは話し合ったそうです。

 

「兄さん、僕らはいつまでこんな大きい会場で(ライブ)できるのかな?」

 

MCでそう話す姿を見て、会場にいる全員が辛かったと思う。

アイドルバンドで売り出されて、今やっとやりたい音楽が出来ているのに、

それはやっぱり間違っているのか・・・

 

でもメンバーたちは、

「今は自分たちにできることをするしかない」と、改めて再確認したそうです。

(記憶を頼りにしているので、確かこんなニュアンスだったと思います)

 

そしてラストの曲「アリガト」では、ホンギが歌詞の一部を変え、

『こんなワガママな性格を持ってる俺らを好きになってくれてありがとう!』

と、ファンに感謝の気持ちを伝えてくれました。

 

この時のことは今でも鮮明に覚えています。

こう言ってくれた瞬間、涙が止まらなくなり、

あぁ、これから先何があっても、死ぬまで彼らを応援しようと・・・

そう私は強く思いました。

 

なのに、2017年の最初のツアーが発表されると、

3都市4公演のアリーナツアー・・・。

原因はホンギの熱愛。

3年前、あんな事があったけど、

ホンギのことが好きだから受け入れることができず、離れていくファン。

メインボーカルであり、FTISLANDの顔であるホンギの人気が落ちると、

こうなってしまうのは仕方ないのかもしれない。

 

 そんな不安がある中、今回のツアーは始まった。

 初日の名古屋。ホンギは序盤の曲中にいきなりぶっ込んできた。

 

「みんな、自由になりたいって思ったことある?」

 

「俺はずっと自由でいたくて、

でもこの間のことで、自分らしさを忘れてたんだけど…

みんなのおかげで、メンバーのおかげで、

自由になれたよ!ありがとう!」

 

ホンギがMCじゃなく、曲中にこんなこと言うだなんて…

 

今回の件、よっぽど考えたんだろう。

いつものホンギは、芸能人だけど隠すことはせず、

自由に自分の思うままにやってきた。

でも今回こういうことになってしまって、

ホンギ自身、普通にしてても、

周りからは、大丈夫??って心配される。

仕事をしてても全然楽しくなかったそう。

それは自分らしく自由でいることができていなかったから。

 

でもホンギは、ファンのみんな、そしてメンバーに助けられて、

 

“どんな時も自分らしくいることが大切”

 

ということに気づいたようです。

 

だから、今回のツアーは、

自分たちが楽しいだけじゃなくて、

“ファンも同じ気持ちで一緒に楽しめるライブ”

今回のツアーはそんなツアーになってると思いました。

 

セトリもそうだし、花道を作ったことも、

初めてトロッコを使って、後ろのファンにまで会いに行ったことも…

ホンギはアイドルみたいに花道やトロッコといったことはしたくなかっただろう。

でも、それは自分がアイドルみたいなことをやりたくないっていうワガママ。

そんな嫌なことをごちゃごちゃ考えずやってみたら、

結果、会場にいる全員が同じ気持ちで楽しめた。

自分が嫌だと目を背けていたものも、

やってみるとそうでもなかったりもする。

やってみても最終的に楽しいものになれば、

それでいいのではないか?

 

自分らしく…

 

転職活動してると、どうしても余計なものが見えてしまって、

本当に見なきゃいけないものが見ることができず、

自分らしくいられなくなってしまう。

 

やってみたいっていう自分の気持ちを、

そこまでいく過程が面倒だ、やりたくないというだけで、

見えなかったふりをするのは違う。

ごちゃごちゃ考えても、その諸々を乗り越えなければ、

手に入れられるものも手に入らない。

目的がはっきりしているのなら、それは決して無駄ではない。

 

ホンギが背負ってるもの、生きている世界に比べると、

私の世界はかなり自由だ。

その自由な世界で閉じこもって自分らしくいられないのはおかしい。

それはただの逃げだ。

死ぬくらいなら一度やってみたらいい。

そこから拓ける道もあるかもしれない。

 やりたいことして自分らしくいた方がよっぽどいい。

 

その道中、人間だから気持ちの浮き沈みはあるけど、

目的を見失いさえしなければ、自分らしくいれるはず。

 

そう考え直して、私はやりたいって思ったことには挑戦しようと思った。

その過程が自分のプライドに反することだとしても、

やってみたら案外そうでもないかもしれないし、

後から考えたら、やってよかったってなるかもしれないし!

行動あるのみですね。

 

…本当に、転職活動を始めてからというもの、

自分に向き合う時間が多くなり、色んな考えになる。

人生迷子な、そんな時間を日々過ごしてます(笑)

 

アサ

 

 

メール

こんばんは。アサです。

 

もういつの間にか5月ですね。

 

最近、メールをちゃんと伝わる文章で打とうと心掛けるようになった。

急いでる時は仕方ないかもだけど、

受け取る相手が読みやすい文章を書けるようにしたい。

 

なぜそんなことを思ったかというと、

 

変換せずに平仮名ばかりで打ってくる友人。

誤字脱字が多すぎて何が何だか分からないことになってる友人。

主語がなくて何を伝えたいのか分からないことになっている友人がいるからだ。

 

伝えたい気持ちは痛いほど伝わってくるのだけけど、

しっかりまとめてからメールしてくれないと、

結局何が何だかわからないことになってしまうのは残念である。

 

本当に平仮名ばかりで句読点なくて、

さらに誤字脱字大量(変換ミス含む)とあれば、読みづらくて仕方がない。

 

…読みづらいのは100歩譲っていいとしても、

読みづらいと言いたいことが全く頭に入ってこないんですよね。

頭に入ってこないと、次その話題をされても全くついていけないという。

 

語彙力がなくても人に伝えることはできると思う。

例えばこの文章(LINE風)、

 

「今仕事終わりました。今日はとてもつかれま

した。でも今から映画をみに逝くのでたのしみ

です!」

 

LINEだと、勝手に次の行にいったりしますよね?

句読点も改行もされてないと、

受け取った側は一目見ただけじゃ何が書いてあるか分かりません。

さらに平仮名は多いし、変換ミスしてるし…

でも、言いたいことはとてもシンプルなんです。

ただ、色々ツッコミどころ満載だから読むのが疲れるんです。

 

平仮名ばかりではなく、正しく変換し、

句読点をつけ、改行して読みやすく。

これだけでも全然読みやすくなると思います。

ほら、こんな感じに!

 

「今、仕事終わりました。

今日はとても疲れました。

でも、今から映画を観に行くので

楽しみです!」

 

句読点を付けるだけで、

改行をするだけで、

正しく変換をするだけで、

メールを一目見ただけで言いたいことが伝わる!

 

友達だから伝わるだろうと適当に送るのではなく、

ちゃんと受け取る側のことを考えてほしい。

 

これは私の場合ですが、

こういう伝わりづらいメールをもらうと、

その人の印象が悪くなってしまうんです。

 …そう思ってしまうのも、精神的に余裕がないからなのかなって思いますが。

でも、自分の気持ちが丁寧に相手に伝わると、

相手に良い印象を持ってもらえるので、

良いコミュニケーションが築けますよね!

 

でも私も、たまにLINEで顔文字を使うと、

 

「今からそちらに向かいまーす(ノ

v`*)」

 

って顔文字が変に改行されちゃって、

あぁぁ、ごめんなさいぃ〜ってなります(笑)

 

メールって便利なコミュニケーションツールだけど、

読む相手のことを考えて使うべきだと思う。

相手がいつ読むか分からないのだから、

それなりに考えて文章打たないといけないと思う。

 

でも、こう色々書いてても、

相手にメール読みづらいよって言わないと伝わらないんですよね。

わざわざ言うのもあれだし、結局は自分の中で溜めてしまう。

相手に気づいてほしいけど…

 

だから私は、読みづらいメールは送らないように心掛けている。

文章打った後には必ず読み返してから送信する。

ただの自己満かもしれないけど、

相手に「読みづらい」って思ってほしくないから。

 

アサ

やりがい

こんにちは。アサです。

 

今、やっと心が戻ってきた感じです。

今回の不採用の落ち込みから立ち直るのに、かなり時間が掛かりました。

それだけ期待していたし、行きたい会社だったからです。

 

でも落ち込んでも現実は何も変わりません。

落ち込む度にそう思うのですが、

やっぱり落ち込んでしまうのが私な訳で。

 

死にたいとか、消えたいとか、

起きたら今までのこと夢だったらいいのになとか、

いろいろ考えるんですが、現実はやっぱり現実で。

 

だから現実逃避できる、

読書やドラマの世界は大好きなんですよね。

その世界に浸っているときは、現実を忘れることができて、

色んな世界を見ることができるから。

 

でも、やっぱり現実には向き合わなければいけません。

 

最近、仕事の「やりがい」について考えることが多くなりました。

 

昔、広告代理店に勤めていたとき、

新卒だったこともあり、残業ばかりなのにも関わらず、

必死に仕事をしていました。

嬉しいことより、きっと辛いこと大変なことの方が多かったですが、

3年も続けることができたのは、

その仕事に「やりがい」を感じることができていたから。

 

でも前職の営業事務にはその「やりがい」を感じることができませんでした。

仕事量も1人でするには多いくらいだし、

沢山の人と関わり話すことができ、仕事のトラブル処理も多少あった。

十分にやりがいを感じてもよさそうなのに・・・

ある程度のルーティンワークだったからなのか、

仕事以上に環境が嫌すぎて、やりがいを感じるところまでいけなかったのか?

今考えても分かりません。笑

 

そして今、新卒でも、初めての転職でもない今、

仕事に対して何を求めるのか・・・?

世間から見るとまだ若いと言われる年齢ですが、

もちろん将来的に結婚もしたいし、

結婚したとなれば、自分から進んでフルタイムで仕事をする気もない。

私、本当は仕事なんてしたくないんですが(笑)、

生きていく上でお金は必要だし、趣味もあるし・・・。

 

そう考えたとき、果たして仕事の「やりがい」がいるのかと思います。

 

やりたいことはあるし、やりがいも感じて仕事をしたい。

でも、休みも欲しいし、お金だってそれなりに欲しい。

勤務地もできれば近場で、有給休暇をちゃんと取れる会社で・・・

 

なんて言っていたら理想の会社になんて出会えるわけがないんです。

私のやりたいことは広告業界で編集の仕事をすること。

だけど、昔、広告代理店に勤めていたからといって、

スキルもセンスもそんなにあるとは思えないから、未経験者同然。

そして今、またあの残業三昧の毎日を送れるかって考えると・・・

正直やってみないと分からないし、

やったらやったで責任感はあるからできると思うけど、

本音は休み欲しいし、定時で上がりたいって思ってしまうと思う。

 

そう思うようになってしまったのは、

営業事務を経験し、定時に上がって、土日はしっかり休んで・・・

っていう会社を知ってしまったから。

 

だから今、転職活動をしていて、すごく自分の意志がブレてしまう。

広告関係受けてみたり、営業事務受けてみたり・・・

 

仕事の「やりがい」って本当に難しい。

でも正直、どんな仕事でも、

「やりがい」を持てるかは会社や職場環境によるのかなって思います。

自分の意志、会社、職場環境次第で決まってくる。

なら、自分を必要だと言ってくれた会社で、頑張って働いて、

その中で「やりがい」を見つけるのもいいかなって。

 

でもそれは、やりたいことを諦めることではありません。

やりたいこともあるけど、

必要とされるならそれに応えたいっていう、

また違う道です。

そういう道でもいいかなっていう、新たな考えが生まれたんです。

毎日楽しく過ごせるなら、それでもいいかなって!

 

だから昔から夢があって、その夢を仕事にしている人が本当に羨ましいです。

私も広告代理店を辞める前に、今の考えがちゃんと持てていたら、

きっと辞めていなかったのかなって・・・

でもあの当時はそんなことを考える余裕なんてありませんでしたけど。笑

今だから言えることですから。

 

アサ

 

運命

こんばんは。アサです。

 

今、かなり頭がぼーっとしています。

と言うのも、今日、先日面接した会社の結果が届いたからです。

 

…はい。

"届いた"ということは、お解りですね?

 

…そうです。

「不採用」通知が届いたということです。

 

この会社、私が文章を書くことが好きだと再認識してから、本気で受けて入りたいと思った会社でした。

 

広告代理店だけど、自社媒体を持っている。

6:4の割合で、編集アシスタント:営業事務の仕事内容でした。

 

面接では向こうから聞きたいことを質問されるって感じでした。

正直、その時から私のこと採用しますオーラが感じられました。

面接後も、早いうちに連絡しますねと言われましたから。

なのに不採用…。

私は納得できなくて、電話で不採用の理由を聞きました。

 

理由は、私より即戦力の人が現れた。からだそうです。

 

あぁ、それは会社としては即戦力を採用するよね…。

 

でも、面接時点ではほぼ私を採用する気満々だったとも言われました。

やっぱりタイミングなんですね。

運命が少しズレていたようですね…。

 

不採用通知には、不採用の文字の他に、

「今後、エディターやライターのお仕事を個人的に頼みたいかもしれませんので、その際はお電話させていただきます」といった内容も書かれていました。

 

不採用通知を見た瞬間は、

そんな優しいこと言われても、不採用なんでしょ⁉︎

と思ってしまいましたが、電話で理由を聞いた時、

 

普通は不採用の一言で通知を送る。こんな言葉を添えたのはあなたが初めてです。それ位、何かを感じた。履歴書のコピーも取らせてもらってる。とのことでした。

 

普通、履歴書と職務経歴書を見て、数十分の面接をした子にそんなこと思ってくれる人、なかなかいないですよね。

素直に嬉しいと思いました。

この会社を受けたのも、落ちたのも、何かの運命だったのでしょうか?

 

フリーにならないの?とか電話で言われましたが、私自身、そんなにスキルやセンスがあるとは思っていませんし、出版社にすら勤めていなかったのでそんなツテもありません。

小規模の広告代理店で、少し癖の強いお客様と原稿のやり取りをしていただけなので。

なのにそんなことを言われたのには正直ビックリでした。

 

私のどの部分をそれだけ高く評価していただいたのか…。

こんなに中身も外見もコンプレックスだらけの私を。

 

今回は運命の道ではなかったですが、ここで知り合えたのも何かの縁なんでしょうね。

そう思える日がいつの日かくるといいなぁ。

その為にも、私は諦めたらいけないですね。

今日、半日泣いて下向いてましたが、疲れるだけでした。

泣くのにも体力いるんだなぁって久しぶりに感じました。

 

明日から切り替えてまた頑張りましょうかね!

きっとふとした瞬間悲しくなるかもだけど、

文章の上だけでも明るくいたいので、そう書いておきます。笑

 

アサ

リバース

こんばんは。アサです。

 

もうだいぶ桜も散り、暖かいから暑いになってきましたね。

そして花粉もスギからヒノキへ…

私はスギ花粉のみなので、もう花粉症から解放されました。

やっぱりクシャミや鼻づまりに悩まされないのはいいですね。

 

そして4月といえば、新しいドラマが続々スタートしましたね。

ドラマ好きなので、いつも新しいドラマ情報出るのが楽しみです♪

前期のクールドラマは2つくらいしか見てなかったので、

今期のドラマは期待してます!

 

その中でも1番期待してるドラマは、

金曜ドラマ「リバース」です。

小池徹平くんが出演しているからというのもあるのですが、

あの湊かなえさんの原作のドラマだからです。

 

原作、先に読ませていただいたのですが、

伏線が色々張ってあったりして、

誰が犯人か予測しながら読むのが楽しかったですね。

 

10年前の忘れることのできない事故。

それは果たして本当に事故だったのか。

あの時のことを後悔する主人公。

もしあの時に戻れるのなら…

 

誰もが一度は思ったことがあるんではないでしょうか?

 

もしあの時に戻れるなら…

 

私は高校2年生に戻りたい。

 

当時、高校1年生の頃から仲良くしていた友達がいたのですが、

あることをキッカケに話すことが出来なくなりました。

グループで一緒にいたのですが、

みんなその子の味方をして、私に話しかけてくれなくなりました。

私は仕方なく、違うグループに入れてもらいましたが…。

その当時は本当に独りな気がして辛かった。

 

あの時、ずっと意地を張ってないで、

すぐにその子とちゃんと向き合えばこんなことにはならなかったのに…

でもそれも、今だから言えるんですけどね。

 

その後、その子とは高校卒業後に仲直りをしましたが、

どうその子と接したらいいのか分からず、

連絡先は知っているものの、

もう連絡を取ることはなくなってしまいました。

 

人って、1回失敗しちゃうと、次は失敗したくない、

もう傷つきたくないって思ってしまって、

自分を守りに入ってしまうところがあると思います。

でも、その殻を破らないことには、

新しい世界は切り開けない、ということも私は分かっています。

分かっているんだけど…

あと一歩の勇気が出せずに現状維持が続いている、今日この頃。

 

今、もしあの時に戻れるなら、

意地を張ってないで、勇気を出してちゃんと向き合って!って言いたいです。

 

ドラマ「リバース」、2話以降も楽しみです!

徹平くんの演技にも注目ですよ!

なんせ彼だけ、22歳限定の役を演じているのですから。

(ちなみに小池徹平くんは31歳です。あのメンバーで1番若く見える。笑)

 

ちなみに原作の広沢は、背が高くて大柄で包容力がある男。

残念ながら徹平くんは背も高くなければ大柄でもない。

でも、天使のような優しい笑顔で包容力がある

広沢由樹を演じています。

 

そして徹平くんだけでなく、

藤原竜也さんの冴えない演技にも、

これからどうなっていくのか見えない展開にも、注目です!

 

アサ

諦めないということ

こんばんは。アサです。

 

本日、星野源さんLIVEのFC注釈付きチケットの当落発表でした。

 

私はこれまでFC→HP先行→ローチケと申込しました。

が、ことごとく「落選」の文字ばかり。

逃げ恥で人気が出るよりも前から、

星野源さんのLIVEは取れないチケットだったみたいだし、

そりゃあ、当選しないよね。

人気者のチケットを取るのは難しいから、

出来るだけハマりたくなかったのに…

こんなに才能溢れる人だと好きになるのも仕方ないですよね。

 

そして先ほど、注釈付きチケットの当落発表。

 

……

 

…………

 

……………当選!!

 

私、やりました!

やっと当選できましたーー!!

しかも私の誕生日の公演のチケットです。

絶対に誕生日に源さんに会うんだと、

諦めずに申込して良かったです。

 

はぁ、本当に嬉しいなぁ。

ここ最近の当落発表で、こんなに緊張したことなかったし、

こんなに嬉しいことはなかった。

注釈付きが何ですか!?

源さんの生歌が聴けるだけで十分嬉しいです。

 

本当に、諦めなければ願いは叶うんだなって、

源さんに証明してもらいました。

 

転職活動で何度も諦めたくなりました。

私のやりたいこと、いいなと思う会社、

不採用をもらうたびに、やっぱりダメか。

諦めて妥協するしかないのか…と思ってました。

でも、やっぱり妥協すればどこかで後悔すると思います。

 

今後、少しの妥協は仕方ないのかもしれないけど、

それ以上に、自分のやりたいことができる会社であれば良しです。

諦めて派遣だとか、パートだとか、

気が向かない会社だとかで受けるのはやめにします。

 

最後まで自分を貫いて、諦めずに、

転職活動を勝ち取りたいと思います。

 

その為にもまた書類の見直しだったり、

面接の対策だったり、できることはあります。

 

いつだって諦めずに前を向いて頑張っていれば、

誰かが、神様は見てくれていると信じて!

頑張ります。

 

アサ

 

イメージ

こんばんは。アサです。

 

2017年もあっという間に4月に突入し、

明日で4月も3分の1を迎えようとしている。

 

人の慣れとは恐ろしいもので、

転職活動という無職な私を最初は否定こそしていたものの、

他人から肯定されたりし、色々考え、時が経つにつれて、

この生活も人生においては大切でいいのだと思えてくる。

 

いつかは転職し、また仕事仕事の日々を過ごすんだし、

ほんの数ヶ月、ぐうたらしたっていいじゃないかと。

働き出したら、この数ヶ月があって、その時に考えたことで、

今の仕事ができていると思えたらそれでいい。

 

人生、いつだって、いつかに繋がっているんだと思う。

(これも友達から教えて貰ったサイトに書いていたこと)

辞めたからこそ、自分について、今後について真剣に考えるようになった。

また、人の話を聞き、自分もそういう考えでありたいと思った。

 

私は、人の悪口を言う人にはなりたくない。

そう思ったのは、星野源さんが著書やラジオで言っていたから。

 

その人に会ったこともないのに、

相手にまでその人を嫌いさせるのは違うと思う。

 

実際、友達にもいるのですが、

友達が話す「その人」の悪口を聞いて、

私まで「その人」が嫌いになり、マイナスイメージを持ってしまった。

たぶん会うことはないだろうけど、

会ってもないのにマイナスからのスタートっていい気がしないですよね。

 

また、SNSを見ていても、

『○○くんってやっぱり嫌い!なんか上から目線!』

という、その人が持っている○○くんのイメージをSNS上で読んでしまうと、

私もその人がテレビに出ているのを見て、

○○くんって上から目線。っていう目で見てしまい、マイナスイメージを持ってしまう。

 

あと、悪口を話している自分って、どんなイメージ持たれているか知ってますか?

 

私は前職に勤めだした頃、その職場のお局さんに少々嫌悪感を抱いていた。

そしていつも行くヘアサロンさんのお姉さんに、

つい、そのお局さんについて話してしまった。

するとお姉さんに、

 

「黒い部分が出てるよ。○○ちゃんはそんな子じゃなかったよ」

 

と言われてしまった。

私はハッとした。

私はいつの間に黒く染まってしまったんだ・・・と。

今まで友達にもそのお局さんのことや仕事で嫌なことがあったら話していたが、

そんな風に思われていただなんて気づかなかった。

 

確かに友達が話す悪口を聞いてもいい気はしないし、

「また悪口・・・。悪口しか言えないのだろうか?」

と思ってしまっている自分がいたのも事実。

 

だから私は気づかさせてくれたヘアサロンのお姉さんに感謝している。

たまに悪口を言いたくなる時はある。

そんな時は日記に書くなりして排出している。

でも最近はその人の悪口を言うのも自分の人生においてもったい無い気がしていて、

考えていたりするのをやめたりする。

 

私が最近心がけていること。

悪口を言わない。考えない。

今、必要なのは、自分のことを真剣に考える時間。

 

転職活動が上手くいっていない言い訳かもしれないけど、

実際私にとってこの考える時間は辞めてないとなかったし、

気付けないことだった。

 

この考える時間を設けたことで、

私の人生がより良い方向に繋がっていれば幸いですね。

 

アサ